無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
Dear Snowに号泣

初めて聞いたときから大号泣した笑
歌詞すっごい鶴岡様じゃない?松島様〜><

そう、大奥見てきた!
ネタバレはしないけど、エンドロールの「大倉忠義」に
妙に感動ってかなんか・・・切なくて笑
エンドロール、この曲バックに一人大号泣してた笑

一応大阪カウコンのためにホテル予約したんだけどさ、
楽しみすぎる!!!うん!!!
当たってほしいな!

 


父親も予約するとき、初めてちゃんと「いいよ」って言ってくれた。
妥協、ってゆうか諦めだと思うけど、嬉しかった。

だから、もし、もし大阪が当選したら、
年が明ける前に母親にメールしようと決めました。
認めてほしい。分かってほしいから。
今までもそうだったけど、喧嘩して終わりだった。
最後まで言いたいこと言えないまま喧嘩して苛々して勝手に部屋戻って、
部屋のポスター見てまた泣いて、親がブツブツ文句言うの聞いてまた泣いて、
ほんとはちゃんと話したいのに、親も聞いてくれない。
私も私でしっかり気を持って話すべきなんだけどね。
いつもカチンと来て先に部屋に戻っちゃうんです。
だから、いつまでも親の視線気にしながらCD,DVD買ったり聞いたり見たり。

今回も「大阪に行きたい」って言ったら 「怖い」 って言われた。
ただ、一言。 「怖い」 って。
その次は 「恐ろしい」 って。言われました。

その時は大阪の件もそうだけど、まず認めてほしかった。
でも・・・やっぱり駄目だった。
母親は未だ反対。大阪の話には一切触れない。

高校受験の時、私は両親を信じられなくなった。
三年間信じてきたのに、裏切られてしまいました。
ほんと意味分かんなくて信じられなくて、消えたかった。
願書を出してからもどういう態度で親に接していいのか分かんないし
顔見る度泣きだしちゃうし。
あえてご飯を別々に食べてた時もあった。
本当に、嫌だった。すべてこの家すべてが。

高校入ってからもそれは続いて、裏切られてばかりの毎日です。
何を信じればいいのか、さっぱりです。
親の言動にいつも悩まされて泣いてばかり。

でも、やっぱりどんな時もそばにいたのは、エイトでした。

どんな時もそばにいて笑ってくれたのは、エイトでした。

いつも生きる勇気と生きがいをくれたのも、エイトでした。

ジャニーズっていうのは、確かに顔が良い人の集まりで、
売上がいいのも、顔っていうのは間違いじゃない。
でも、ファンにしか分からない魅力がある。どのグループだって。
それは簡単に言葉で表せないものが多いけど、
それくらい、分かってくれてもいいんじゃないのかな?
逆に、何も知らない人に色々言われる筋合いもない。
何も知らないくせに、勝手なこと言わないでほしい。

父親は以前「カンジャニ追いかけてても何も得られないからやめろ」
と言いました。
これこそ、勝手に言うな、だよね。
それが本当なら、今私はいない。
確かにね、志望校入って今よりもっと勉強できる人になってたと思う。
でもさ、生きがいは何?
何のために生きるの?

人のために、人に必要とされる人生って、
これほど幸せな人生ないと思う。

夢も希望も生きがいも笑顔も涙も・・・・・・数えきれないほどのものを
エイトのみんなから教わったよ。

大阪に行った時は、母親にメールを送る予定です。
認めてもらいたいけど、せめて自分の気持ちだけでも分かってほしい。
そして、勉強ができなくても、友達がいなくても、
それもそれで悲しいことだけど・・・
十分に生きる光になってることを伝えたい。

良かったら考えてみてはどうですか?
自分はどれだけ、助けられているのか。
| 佐倉 恋夏 | *日記 | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: